キキウェル:菊本 雑談17 

 

staff_profile_pic_k01.jpg

(株)kikiwellキキウェルメンタルヘルスサービス

代表カウンセラーの菊本裕三です。

こんばんは。キキウェルメンタルヘルスサービス代表の菊本です。

あまりにも突然ですが、以前セミナーでこんなことを言われました。
その方はセミナーを終えて帰ろうとしている私を呼び止め、
「主人の話なのですが、私に対して愛情があるならタバコは止められますよね?」
と、私がもちろん同意するかのような口調で仰いました。
私の返答は「まぁ、、そんな感じなのですか?」とまるで
答えられませんでした。
質問に質問で返すという力技でその場から逃げ出してきました。

私はその1時間半のセミナーの中で、「愛だとか、絆だとかを声高に叫ぶのはどうか」
という話もしてきたばかりだったので、全く理解されていない事に残念な気持ちになった事と、
やはり人は自分んが欲しくない情報以外はスルーなんだなという事を再認識しました。

もちろん愛とか絆とか突っ込みどころが無い言葉だし、
突っ込んだ瞬間に愛も絆も理解しない悪い人になってしまう。ずるい。

私も愛や絆は否定しないけど、愛や絆が全てをカバーしているとも思えない。
大事であるがすべてではない。必要ではあると思うけど、
ことさら大声で言うほどの事でもなく、皆が持っている位で充分だと思う。

「私の事愛しているなら~できるはず」
この~の部分に好きな言葉を入れて、それをご主人が「できない」って言ったら、
あなたは愛されていません。
馬鹿馬鹿しすぎて逆に面白いこのロジック。

愛とタバコを吸いたい気持ちは全く別物。
愛しているけどタバコも吸いたい。
私の前では吸わない、お前の前では絶対に吸わない。
この約束だけで充分じゃないのか?

キキウェルメンタルヘルスサービス
菊本裕三

電話でメンタルヘルスケア。キキウェルの電話カウンセリングはこちらから
http://kikiwell.com/how_to_use/ 


何でも話せる 女性専用
聞き上手倶楽部

category: 菊本あれこれ

tb: --   cm: --

△top