キキウェル:菊本 聞き方のヒント9 

 

staff_profile_pic_k01.jpg
(株)kikiwellキキウェルメンタルヘルスサービス
代表カウンセラーの菊本裕三です。

こんばんわ。
先日「ブログを読んでいます」と言われてしまいました・・・。
それも仕事が出来そうなシャンとした女性に・・・。
ヤバい、直接言われてしまうと中高生の道徳みたいなことしか書けなくなってしまいそう・・・。

まあでも、ありがたい事です!

前回の続き。
クライエントとカウンセラーの立ち位置。
これはカウンセラー側が勘違いをしていることが多い。
なんというか、“偉そう”に構えている人が多い。

クライエントはおしなべて低姿勢で来ることが多い。
まあ、たまに気が小さい人は高圧的な人もいるが、
控えめだ。

でもってカウンセラー側は何を勘違いしたのか、相手が低姿勢なものだから、
“姿勢を合わせず”そのままカウンセリングするから偉そうになってしまう。

ライトカウンセリングではこの姿勢も注意したい。
クライエントもカウンセラーも人対人が基本だから、
そこには高低は存在しない。

混乱している人とその混乱の絡まった糸をほどくことをお手伝いする人
とでも言いましょうか、そんな感じです。
けっして導いてはいません。

でもね、みんな導きたがるよね。
クライエントはカウンセラーが偉そうな態度とったら
「何様だよ!」と言ってもいいと思う。

私がクライエントなら絶対に言う!!

電話でメンタルヘルスケア。キキウェルの電話カウンセリングはこちらから
http://kikiwell.com/how_to_use/ 
キキウェルロゴ

category: 聞き方のヒント

tb: --   cm: --

△top