距離感 

 

staff_profile_pic_k01.jpg
(株)kikiwellキキウェルメンタルヘルスサービス
代表カウンセラーの菊本裕三です。



よく私はこの言葉を口にする。

それは人に対しての事なのだが、難しい。

難しいと言うかわからなくなることがある。

たとえば、家族は距離感が近い。恋人なんかも近いと思う。
でもどんなに近くても自分ではない。

自分の子供なんかはとても近い存在だ。
でもその近いのもどうなんだろうと思う。

昔に比べると、今は子供との距離はかなり近いと思う。
私が子供の頃はもっとほっとかれた気がするが、家だけだったのだろうか。
違うな、おしなべてそうだったようなきがする。


じゃあ何で昔はほっとかれたのか?大人は忙しかったからなのか?
皆貧乏だったから?わからん。
どれもそうのような気がするが、図星でもないような....。

じゃあ、もっと昔、縄文時代とか弥生時代とかそのへんはどうだったのだろう。
3歳ぐらいで野良に出てたりしたのかな、大人みたいな扱いで。

そうなってくると3歳児だけど大人扱いだから、今の3歳児より親から見て距離が
あったのだろうか?

わかんないなあ。

そもそも書いているうちに何が書きたいのかがわからなくなってきた。

書き出したら出てくるかなと思ったけど駄目だな。

でも距離感は大切と言う事で....。
お後がよろしくなないようで......。


聞き上手倶楽部 菊本裕三

category: 菊本流コミュニケーション

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://kikiwell.jp/tb.php/123-6d9d5907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top