カウンセリング・・・。 

 

staff_profile_pic_k01.jpg
(株)kikiwellキキウェルメンタルヘルスサービス
代表カウンセラーの菊本裕三です。



今クライアントのお電話を切ったところだ。

カウンセリングを終えるといつも思うことがある。
それは「理解されない事もつらいが、理解できないほうもつらい」だ。

会社員であるならば、会社の人たちの冷たい視線もあるだろう、
だけど、それと同じくらいの数の暖かい視線もきっとある。

皆それぞれ忙しいから、それを見ていると置いてけぼり感が沸くと思うが、
そんな人ばかりではない。
気にはしているが、自分のことでいっぱいと言う人もいるはずだ。

それを理解がないとは思わないで欲しい。
理解している人もいるのだから・・・。


カウンセラーになる前は人のためになればと思った。
カウンセラーになって人のためなどと安易に考えるのは傲慢この上ないと思った。

今日もつれづれなるままに書いてしまったが、カウンセリングが終わった後は
いつもこの気持ちになる。つれづれな気持ちだ。(どんなだ!)

私のカウンセリングは最低20回で1セットだ。
初めのほうはお互いを知るために3回は必要と思っているからだ。

勿論優秀なカウンセラーはもっと短い回数でつかめると思うが、
私にはできない。

歯医者さんで言えば、痛いときには集中的にそこを治療するが、
痛くないときも、痛くならないよう予防のために検査する。
そんな感じだ。

カウンセラーの試験に受かったからカウンセラーになれるのではなく、
クライアントが話してくれるから、私はカウンセラーになれたように思う。

しかし、つれづれ過ぎるな。程があるな。

聞き上手倶楽部
菊本裕三

category: カウンセリングの現場から

tb: 0   cm: 0

△top